mimikofukunoの日記

いつも自由に!ブログ歴10年以上のmimikoが「仕組みで稼ぐ」を研究中。ワンランクアップを目指すアラフォー主婦のブログです!

梅雨から秋のカタツムリ

子どもの頃は、梅雨時期になると、

カタツムリをよく見かけたものですが、

最近は、すっかり見かけなくなりましたね。

 

ワタシはそれをかなり気にしていて、

梅雨時期は、紫陽花の葉などを

ちょくちょく観察しています。

 

そんな今年の梅雨時期、

実家の母が友達からいただいた

「モロヘイヤ」の葉の中に、

なんと!

 

カタツムリが住んでいたのです!

 

大きさは2~3ミリくらいで、

うっかりすると、洗い流してしまいそうなところを、

マメな母は見落とさずに救って保護したのでした。

 

 

その後、丁寧に丁寧に育て・・・

3~4ヶ月。。

 

5ミリくらいに成長しましたウインク

かわいい。

IMG_20160924_091148292.jpg

 

マメな母、インターネットで

飼育の仕方を調べたそう。

 

カタツムリの殻には、カルシウムが必要とのことで、

卵の殻まで入れてありました。

 

ちゃんとカルシウム補給中↓

IMG_20160924_091148949.jpg

やっぱりカワイイ。

 

ちなみに餌は、母の観察によると、

きゅうり、レタス、きゃべつ、モロヘイヤのうち、

最も好みだった=減りが早かった

のは、「モロヘイヤ」だったそうです。

 

さすが「モロヘイヤ」の葉に

紛れていただけのことはありますね。

 

・・・と、こんなに可愛くて、

愛情たっぷりに育てられたカタツムリですが、

ちょっと・・・不慮の事故がおこり・・

天国へ旅立ってしまいました。

 

大事に育てていた母、

横で見るだけだった?けど父もがっかり。

母は食欲もなくなってしまったそうです。

 

ワタシもがっかりですが、

カタツムリが何かの禍の身代わりになって

くれたのかも?と思って、

思い出にひたっています。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックいただけたら嬉しいですラブラブ

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村